目黒の学童はいっぱいある

今は働くお母さんが増えています。そこで小学生が家に帰っても1人になってしまうと心配な親も多いです。そこで今は学童があります。目黒にもいっぱい安心して入れるところがあります。学校が終わってからすぐに通えるところがあるから目黒に住んでいる人は利用してみるべきです。土曜日は朝から夕方まで利用できるようになっているから土曜日も働いている人には便利な場所です。おやつもあるから子供たちも楽しみな場所になるかもしれません。そしてみんなとボール運動をしたりすることもできます。多くの友達ができるから一人で家にいるよりも楽しく過ごせるようになっています。またたまに親子で楽しめるイベントもあったり、夏には七夕冬にはクリスマス会などもあります。楽しいイベントもいっぱいあるから子供たちもお母さんが家にいないなら学童に行きたいと思ってもらえます。

目黒で学童をご検討中の方、ご覧ください。

今、少子化対策が進められている中で、学童施設の充実化が求められています。このサイトをご覧の方は、目黒で学童をお探しでしょうか。国や、各市町村は保育園の数を徐々に増やし続け、待機児童が劇的に減ってきています。中には、待機児童数ゼロの県もあるくらいですので、これは本当に素晴らしいことです。ただ今度は、保育園を卒業し小学校に入学する6歳からの子供たちの行き場が十分に確保されていないのが現状です。両親が共働きであり、頼れる親戚が近くに住んでいない児童は、必然的に、下校後ひとりで家で過ごす、鍵っ子になります。治安のよかった昔の日本では、「鍵っ子」であってもさほど心配はされなかったかもしれません。しかし、現代の日本ではどうでしょう。家で子供が一人で過ごし、両親の帰りを待つという状況は決して安全とは言えません。出来ることなら、下校後も友達や信頼できる大人と過ごし、遊んだり、宿題をしたり、一緒にご飯を食べたり、そんな時間を過ごしてほしいですね。ここでは、目黒の学童の情報を皆様に伝えていきます。

目黒には色々な学童があります

目黒には学童があります。保護者が就労や病気、看護、就学などで学校から帰ってきた児童の保育ができない場合に利用することができます。児童には対象学年が設定されています。小学校1年生から3年生です。現在目黒では、区立は20か所、民営は6か所の合計26か所があります。この中から自分が通いやすいところを選んで申し込みをしましょう。保育時間にも決まりがあります。学校開校日の平日は下校時から午後6時15分までとなっています。夏休みなど、学校休校日の平日は午前8時15分から午後6時15分までとなっています。土曜日は学校開校日や学校休校日に関わらず、午前8時30分から午後6時までとなっています。児童はみんなでおやつを食べたり、一緒に遊んだりして過ごします。地域の人たちとの関わりを大切にしているところもあります。

当社は、創立1956年で、託児・学童保育施設を首都圏を中心に展開しております。 お問い合わせ時間は、火曜日~土曜日10時~18時までで、0120-23-3715のフリーダイヤルまでお問い合わせください。 学びの土台が未来の可能性を拡げるためお子様へ贈り物をどうぞ。 当社の最新情報、イベント、セミナー情報の新着情報もご案内しています。 名門小学校へ多数の子どもたちを送り出してきた実績があります。 学童を目黒でお探しなら伸芽'sクラブへ