学習機能を備えた目黒区の学童保育

目黒区には、学習機能を備えた新感覚の学童保育が揃っています。その一つに、宿題はもちろん、習い事である書道、そろばん、英語などのコースを備えた保育施設があります。ご両親がお仕事などで、お子様を学童保育に預けるとなると、お子様が習い事ができないといったデメリットがありましたが、この保育施設をご利用になると、学校が終わった後、お習い事が施設内で可能といった大きなメリットがあります。さらに、宿題も学童保育の時間内に終わらせることができるので、ご自宅に帰宅後、お子様もゆっくりとした時間を過ごすことができます。それぞれの分野でプロの先生たちによる指導がおこなわれ、英語のクラスではネイティブの先生によるレッスンが行われています。まさに新しい新感覚の保育施設といえます。夏休みなどの長期休暇にも対応しているので、お仕事をお持ちの保護者の方々には嬉しいことです。

目黒区で小学校3年生までの学童を

目黒区での学童保育は保護者の就労、病気、就学などの理由により、学校から帰ってきた児童を両親などの保護者に代わって保育をしています。目黒区では小学校の区域、それぞれに学童保育をしています。その数は公営が20ヶ所、民営で6ヶ所と合わせて26ヶ所あります。預かっている児童は小学校1年生から小学校3年生となります。保育をする日は月曜日から土曜日で、日曜日、祝祭日、年末年始は休みとなっており、そこで預かっている時間帯は学校に行っている平日は下校してから午後6時15分まで、土曜日は下校から午後6時となります。また、夏休みなどといった学校が休みの時は、平日は午前8時15分から午後6時15分まで、土曜日は午前8時30分から午後6時までとなっています。夏休みなどの長い休みの時に保護者の出産や入院などの理由から預けたい場合にはその施設に空きがある場合に利用できます。

目黒区の学童保育の料金は

小学校に入学すると、それまで長い時間を保育所などに預けて仕事などをしていた家庭にとって、目黒区の学童保育に預けられることはとても心強い味方となります。小学校3年生までと期間は決められていますが、それ以上の学年になると学校の授業も長くなったり、子供同士の付き合いや、近年では塾などへ通うなどと特に保育が必要とならないようになるので十分な期間になっています。学校がある日、休みの日の関係がなく月曜日から土曜日まで預けることができることは安心して仕事などを続けることができます。その費用もおやつ代を含んで月に8000円と、とても経済的な負担も保護者にとって楽なものとなっています。子どもが2人以上学童保育にいる場合の2人目以降や、弟や妹が保育所に通っている子どもの場合にはその費用は月に4000円と軽減されます。