目黒区にある学童保育について

共働き家庭あるいはシングルマザーで子どもが学校から帰ってきても家には誰もいないという場合、学童保育が利用できれば安心して大切な子どもを預けることができます。目黒区には学童保育クラブがトータルで26か所あります。その内訳は区立が20か所で私立が6か所です。小学校1年生から3年生という低学年の生徒が対象となっています。保育時間は平日なら学校が終わってから午後6時15分までで、夏休みなどの休暇中は午前8時15分から午後6時15分までです。また土曜日はいつでも午前8時30分から午後6時まで面倒がみてもらえます。それぞれの学童保育クラブによって特色があり、近くにある公園に一緒に遊びに行ったり、図工室やプレイルームを備えているクラブもあります。保育クラブがさらに充実すれば、目黒区は子育て世帯にとってより住みやすくなるはずです。

目黒区の学童保育は地域ごとに場所が決まっています

目黒区では小学校に通っているお子様を対象とした放課後の学童保育が有ります。各小学校の地域ごとに場所が設置されています。ほとんどが目黒区の施設の中に学童クラブを設置しています。学童クラブに通えるのには条件があり、区役所に必要な書類を提出し、決定がされます。誰でもが学童クラブに入れるわけではありません。放課後学童クラブにお子様を預けたい方は、書類などの提出が必要となります。詳しい詳細などは、目黒区の学童保育のwebサイトに詳しい事が掲載されています。各学童クラブごとに付いての条件なども解りやすく記載されていますのでご覧になって下さい。また、学童クラブ申し込みに付いての必要書類や記入の仕方、書類の提出日などの流れが掲載されています。学期の途中からの申し込みも受け付けて貰えますので、お子様を預けたい方はご覧になって下さい。

目黒に住む人が通う学童について

両親が共働きになったり、核家族の影響などで、子供を学童に預けることが、多くなっています。昔は、子供が家に帰ってきたら、母親が迎えてくれていました。しかし、時代の流れと共に、家族の形も変化してしまい、母親は家で家事をするのではなく、父親と共に働きに出ています。もちろん、学童を利用する家族の中には、片親しかいない場合もあります。学童は、学校が終わった後に、学校で子供を預かってくれることです。目黒に住む子供達というよりは、その学校に通うっている子供を、預かるイメージです。預かってくれる時間も決まっていますが、定時で仕事が終わる親にとっては、有難いサービスです。預けられた子供達も、同じ境遇の子供達と、遊びと勉強に一生懸命に、集中することができます。また、親達も、同じ立場の人と知り合うチャンスとなります。