目黒区の学童保育でのルールに

小学校1年生から小学校3年生までの児童で目黒区の学童保育クラブに入所している場合、そこでの生活は指導員のもとで、遊びや学習、行事などという活動をして、年齢差があることを活かして教えたり、教えられたりなどをして、違う学年との付き合いを通して成長を見ることができます。そこでは、児童の自主性、創造性、協調性を育てていくような指導がされています。自由に過ごし、家庭的な雰囲気が作り出された場所となっています。学童保育に通っている児童がその保育クラブに一旦来た後に外出をすること、途中にその場所から塾や習い事に外出することは認められていません。その外出した時の居場所の確認ができないことから、禁止となっています。また、塾や習い事のために早くに、保育クラブを出て、その日にまた、その場所に再び来ることもできません。

目黒区に住んでいる人が学童を利用すること

目黒区に住んでいる人で、共働きをしている人は、学童を利用してみてはいかがでしょうか。学童を利用したいと考えている人の多くは、子供が小学校に入る前の小さいときに、子供を幼稚園であったり、保育園に入れていたのではないでしょうか。その当時も両親が共働きをしていて、一日中子供を見ておくことができなかったような人が多いのではないでしょうか。いくら、子供が小学校に通うことができるくらい大きくなったとはいえ、まだまだ小さく、様々な物事に対する判断をしっかりすることができるわけではありませんので、大人が見ておく必要があると考えられます。ですので、小学校での勉強などの時間が終わったら、子供を学童に行かせる必要もあるのではないでしょうか。そうすることで、子供を安全に遊ばせることもできますし、両親も心置きなく働くことができます。

目黒区での学童保育をお探しの方

親が共働き、あるいは病気などによる理由で、放課後の面倒を見てもらえる学童保育は、小学校低学年の児童を持つ家庭にとって、強い味方になります。学童保育とは、小学校の空き教室や公民館などを利用し、児童を預かり、指導員のもとで宿題をしたり、遊んだりしながら放課後を過ごす制度です。少子化対策が問題になる昨今ではあるものの、保育、養育の環境がまだまだ揃っていないのも現実です。そうした中で、この制度は、非常に助かる制度といえます。運営や形態は、公立公営、公立民営、共同保育など、多種多様で、児童指導員も専任配置のところ、ローテーションでの勤務のところとなどさまざまです。教師や保育の資格者を持っているものの、不安定雇用のため人材不足の現状で、自治体からの運営費補助の増額など大きな課題を抱えています。そんな中、目黒区では、子供は国の宝と考えて、社会で見守る事を根底に、スポーツや、行事、学習に努力しています。遠慮なくご見学の上、一人でのお留守番の不安を払拭してください。